2009年01月24日

アメリカ「日本さん、私を見捨てて中国なんかと付き合うの!?」日本「ねーよ」

1 すずめちゃん(愛知県)2009/01/23(金) 21:23:06.27 ID:1IUThiMf BE:51122636-PLT(12000) ポイント特典 株主優待

obaaamaa43 米メディアで「日中軍事同盟脅威論」浮上、日本「ない」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0123&f=politics_0123_003.shtml

オバマ新政権の誕生に伴い、シーファー前駐日米大使が東京でこのほど記者会見を開き、日本の集団的自衛権の行使を認めるよう、憲法解釈の見直しと、日米間のミサイル防衛(MD)運用に便宜を図るよう述べた。

米雑誌では同大使の発言をきっかけに「日本が米国を見限り、中国を含む東アジアとの同盟を結ぶのではないか」との「日中軍事同盟脅威論」が浮上し、中国でも注目を集めている。環球時報が23日付で伝えた。

報道によると、「第二次大戦以降、日本では憲法で陸、海、空軍の所有を禁止しているが、日本は米国の同意の下、自衛隊という名目で世界第4の規模を誇る軍事力を発展させてきた。

憲法にもはや抑止力がない」と指摘。
また昨年2月、日本の自衛隊は斉藤隆と中国曹剛川が会談を行い、両国の軍事的交流と協力を約束した点にも触れ、「現在米国が日本に憲法解釈の見直しを促しているのは、日中間で将来的に軍事同盟が締結される可能性を、あらかじめつぶす目的があるのではないか」とも分析、米国が日本の軍事力発展を奨励することが逆に、東アジアの軍事力を高め、米国は「墓穴」を掘っているのではないか、と警戒する声も上がる。

日本JCC新日本研究所の庚欣副所長は、米国誌の報道に対して「まったく根拠がないこと」と説明、杞憂に終わるとの見解を示した。

また「日本の平和憲法の制定自体は、第二次世界大戦後に米国主導の下に行われた。
米国は自国の都合に合わせて憲法の解釈に見直しを迫るなど、実用主義政策をやめるべきだ。
現在の平和発展は、日本政府と民間の共通認識で、日本が軍国路線に転じることはない。この点において日本の
国民を信じるべき」と述べ、米国に起きる「日中同盟脅威論」を一掃した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0123&f=politics_0123_003.shtml

3 すずめちゃん(関西地方)2009/01/23(金) 21:23:49.71 ID:wEZWgJHT

正直、中国ともアメリカとも付き合いたくない

続きを読む
posted by かろかろ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。