2009年03月22日

たった1万円で、あなたの自転車を2倍パワフルにする方法【ν速自転車部】

1 家事手伝い(東京都)2009/03/20(金) 10:40:13.22 ID:KevcOAAK● BE:693312629-PLT(12100) ポイント特典
jitensya56564344 今回の話題は、自転車マニアならばタイトルを見ただけで「ああ、あれね」とにやにやし、一方で普通の人は「自転車は自分の脚で漕ぐんだろ。いきなりパワーが2倍になるはずがない」と思うであろう。
自転車のパワーを一気に2倍にする方法──それは実在する。
マニアはそれを知っていて当たり前に使いこなしているが、普通の人は知らないのだ。

もったいぶらずに書いてしまおう。
自転車のパワーを2倍にする、すなわち自分の脚力を一気に2倍にする道具──それはビンディングペダルというものだ。

脚がペダルに固定できると、ペダルを踏み込む時だけではなく、脚の筋肉を使ってペダルを引き上げることも可能になる。
踏み込みだけでなく、引き上げでもペダルを回せるので、使える筋肉が2倍になって自転車を漕ぐパワーも2倍になるという理屈である。

快適さは、これはもう実際にビンディングペダルを使って貰うしか説明のしようがない。
非常に感覚的に説明すると、それまで10km/hを走るのに必要だった労力で20km/hを出せ、20km/hで走っていたのと同じ感覚で25km/hで走ることができる。
明らかに自分がパワフルになったと実感できるのだ。坂を登るのも楽、速度を出すのも楽だ。

ただし、「そう言われても…やっぱりなんとなく怖いし」と思ったり、「ああ、自分には絶対ダメダメ」と最初から諦めてしまうタイプの方には、無理にお薦めしない。
ビンディングペダルを使いこなすには、なによりも「使いこなしてやろう」という意欲が必要だ。
その意欲が出ない人は、危険性が増すばかりなので使うべきではない。

最後に──私には、今後の高齢化社会の中で、ビンディングペダルの使いこなしは、かなり重要になっていくのではないかという気がしている。
というのは、自分が使ってみての実感だが、ビンディングを使って自転車に乗っていると、脚の筋肉が均等にバランス良く鍛えられるように思えるのだ。
歳を取ると、外出時のモビリティが切実な問題となる。
高齢者が運転する自動車の交通事故が問題になる昨今、若いときからビンディングを使って自転車を使い続けるというのは、老後のモビリティを確保する有力な手段に思えるのだがどうだろう。

全文はソースで
http://wiredvision.jp/blog/matsuura/200903/200903191400.html

26 家事手伝い(東京都)2009/03/20(金) 10:48:52.66 ID:fMwtEFyb

きっと滑ってこけそうになった時にペダルから足が外れなくて酷い目に会うお!

40 家事手伝い(長野県)2009/03/20(金) 10:53:57.48 ID:RP/YXS0T

むかしジャンプの裏表紙の通販広告にのってたやつじゃないのか
ホイールに付けるオモリみたいなやつ

54 家事手伝い(長屋)2009/03/20(金) 10:57:37.92 ID:/xZh/M36

>>40
軟球をスポークに挟んどけ

60 家事手伝い(群馬県)2009/03/20(金) 10:58:28.26 ID:H1/586+3

後輪だけじゃなく前輪も駆動するようにすれば2倍のパワーでるじゃん

続きを読む
posted by かろかろ at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。